スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水越峠~よろづ [09/03/21]

伊吹山ヒルクライムを2週間後に控えた3月の連休。
ここが最後の追い込みなのか、既に疲労を取り除くべきなのか。

もう調整に入った方が良いよと言われれば、そういう気もするし、
調整は前の週で充分なんじゃない?と言われれば、そう思うし
いろいろと悩ましい日々を過ごしたりしていました。
で、結局、軽めの負荷で調整っぽく行こうと決めました

そんな連休2日目の土曜日。
最近、土曜日に走りに行くというと、
真っ先に頭に浮かぶのが、millionさんのお店『よろづ』です。
ボリュームたっぷりで、美味しくて、
気さくな感じで居心地がよくて・・・
そんなお店のチキンカツが食べたくて、
軽く走るつもりで『よろづ』を目指しました。

まずは、Gっさんとの待ち合わせ場所から、
南河内CLを目指して走ります。
金剛あたりの道は混んでいるけれども、
気になるレストランやケーキ屋さんがたくさん。
目移りしながらも、車の脇を通って丘を上って下って・・・

ここまで走って、妙に自分の脚の調子が良いと思いました。
今日は坂を坂と感じない、妙にパワフルに脚が回る
伊吹山に向けた調整が、いい感じに進んでるんだな~
なんて思っていました。(この時点までは)

南河内CLに到着・・・と言ってもCLは横切り、
R309に沿って進みます。
最初の休憩は、富田林のすばるホール。
次の休憩は、いつも立ち寄るローソン。
そのローソンで、見たことないがあったので買ってみました^^

20090321_よろづ-0020090321_よろづ-01


メロンパンサンド(つぶあん)って、
なんか凄そうな感じがしません?
ただでさえ甘いメロンパンの中に、つぶあんがあるなんて
これは買わないとってことで、買ってみました^^
食べてみたところ・・・意外と普通(笑)
これはこれでありかなって感じでした。

山を超える補給も済ませたことですし、
『よろづ』に向けて先を急ぎます。
水越峠を下から超えるか、河内の集落を超えていくか・・・
最近の好みは、河内の集落を超えるコースです。
水越を下から上るのは、交通量も多いし、長いし^^;
(伊吹山に向けて長いのを練習しないといけないはずですが・・・)

河内の集落は、交通量が少なく、
いろんな花が咲いていたりして、楽しい道です。
が、けっこうキツイ勾配がずっと続くので、
意外としんどいコースでもあります^^;

そんな河内の集落をパスして、最後に通称『キルワニ坂』もクリアして、
水越峠に向かって上っていきました^^

このあたりで、どうも身体がしんどい。
調子よかったはずの脚が、全然回らなくなってきている。
で、結局、自分の脚は調子良いんじゃなくて、
なぜか踏み込むペダリングをしていたことに気付きます。
なぜ気付いたかというと、脚が売り切れたから
まだまだ行きの半分しか進んでないのに、
脚が売り切れてどうしようか・・・なんて不安に襲われていました

水越峠を上る上では、脚も売り切れていることですし、
一定のペースを保ったまま上ることに注意して、
ゆっくりじっくりと上ります。
伊吹山では、脚が売り切れても上らないとなぁなんて思いながら・・・

水越峠になんとかたどり着き、
奈良側に下って、『よろづ』を目指します。
水越峠から『よろづ』に至る道は、好きな道の一つです。
下り基調だし、路肩は広めだし、交通量は少ないし、
気持ちよく走っていくうちに『よろづ』に到着しました^^

『よろづ』に着くと、F田さんにまずメール。
メールの内容は、『1枚?2枚?』
どういう意味かと言うと、
『チキンカツ定食頼んでおくけど、1枚?2枚?』っていう意味です^^
1枚の返信をもらって、自分たちのと併せて注文しました^^

今回の注文は、おろしチキンカツ定食(2枚)と玉子丼とうどんのセット。
二人でこれだけ食べれば、帰るまで補給いらずで走れます。
これだけのボリュームで安くて美味しいんだから、
自転車乗りだけでなく、いつもお店が繁盛しているのも分かります^^

20090321_よろづ-02
20090321_よろづ-03


お店が落ち着いてからは、
millionさんとかわいい奥さんと、いろんな話をして過ごしました。
自転車の話だったり、お子さんの話だったり・・・
この時、ご好意でイチゴとコーヒーをいただきました
美味しかったですありがとうございました

20090321_よろづ-04


楽しい話をしていると、時間が経つのも忘れてしまいます。
気付くと帰らないといけない時間になっていて、
慌ててお店を後にしました^^

帰りもいつものコース。
橿原神宮の前を通り、高速の側道をひたすら西へ。
県道30号線に突き当たると、竹内峠へ。
竹内峠の旧道は、売り切れた脚にはきつかった~
そんなに高くない峠のはずなんですが、
ひたすらきつかったです^^;
Gっさんに抜かれそうだけど、さすがにまだ抜かれる訳にはいかないので、
涼しい顔をしながらも、必死で上っていました

そうやって、竹内峠を超え大阪側に入り、
ただひたすらに西を目指します。
ただし、前回、異常にほこりっぽい道を通ってしまったので、
今回はその1本北側の(地図で見て)走りやすそうな道を通りました。
が、R170を左折して、その道に入ったとたん、
目の前にはひたすら続く一直線の上り坂。
売り切れた脚にはキツイものの、行くと決めたら行くしかないので、
Gっさんと『えぇ~』『これ上んの』なんて言いながら上りきりました^^

そうやってたどり着いた結果、
とても調整という優しいものではなく、
パンパンの太ももがそこにあったのは言うまでもありません・・・。

走行距離:83.17km 走行時間:4:14'29 Avg:19.6km/h Max:63.7km/h
平均心拍:132 最大心拍:183
 最近には珍しい高い心拍数です
 脚が売り切れになったことを物語っています(笑)

スポンサーサイト

コメント

次はいつ・・・

来週は。。。っていつの日の事・・・3/28です
その時は一緒に行きましたからね。。。ははは(現在5/24・・・いつ追いつくか楽しみであります)

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。